MotoGPでいよいよ遂に

CBR1000RRのエンジンを搭載したレーサーがシェイクダウンされました。

CBR1000RRのエンジン?っていう人がいらっしゃるかもしれませんが、
今年からMotoGPクラスのレギュレーション変更になり、MotoGPクラスが1000ccまで排気量UPになるのと同時に、市販のエンジンを搭載されたオリジナルフレームのレーサーが混走するレースになります。
これにより、参加チームが増え、見ごたえのあるレースが展開されると思います。

市販のエンジンを搭載されたレーサーのチームをCRT(クレイミング・ルール・チーム)と言います。
これは、覚えときましょ。

今年参戦される使用される市販のエンジンは、HONDA・カワサキ・BMW・アプリリアの1000cc量産車になります。

HONDAのエンジンを使うのが、サンカルロ・ホンダ・グレシーニチーム(シモンチェリが所属していたチーム)。
WSB(ワールドスーパーバイク)に参戦しているテンケイトよりエンジンを提供受けるようです。

他のチームはテストを開始していましたが、いよいよ走り出しました。

ライダーは、ミケーレ・ピロ 2011年はMoto2クラスに参戦
c0102732_1653878.jpg


カウリングが違うので、んっ?て思いますが、皆さんが乗ってる(見たことがある)CBR1000RRなんです。
ガンバレHONDA!!

今年の開幕戦は、4月8日カタール。(イズのツーリングと同じ日。関係ないか・・・)
今年も日テレ系で放送されますので、チェックして下さい。

by wingis_hirama | 2012-03-18 12:52 | レース情報