タグ:MotoGP ( 12 ) タグの人気記事

ニューマチックバルブってなに?

バイク村ランキングはこちら
現在 11位



ハイ、先日のモトGPでのお話なんですがね。
どうやら、ヘイデンが駆ったRC212Vなんですが・・・。

c0102732_16242664.jpg


なんと、07モデルだったらしいのですよ。
旧型のRC212Vでは直線での伸びがイマイチらしく、
これはいかんということで、08モデルを急ピッチで実践レベルまで
仕上げようとしているらしいんですが・・・。

その中でちょっと気になる新機構が一つ。
そう、F1やMotoGPマシンの一部にも採用されているバルブ系の機構。

ニューマチックバルブ

ってなんだろう?と思う方もいらっしゃるかと。
その辺よくわからんっという方のために少しご説明を。


<以下抜粋>

バルブの開閉
バルブを開けるのはカムシャフト、常に閉める方向に力を加えているのがスプリング。
カムシャフトにはカムと言われる出っ張りがあり、これでバルブの頭を押し込んでいる。
※直動式の簡易図

c0102732_16265313.gif


4サイクルの行程を思い出していただきたいが、ピストンが上下するタイミングとバルブが開閉するタイミングは精密に連動する事が求められる。
従って、どんなエンジンでもクランクシャフトの回転に合わせカムシャフトも回転するように作られている。
市販車ではタイミングベルトやタイミングチェーンで連動させるが、F1ではタイミングギアを用いている。

ニューマチックバルブ
エアバルブとも言いうが、バルブその物と言うよりは金属製のスプリングの代わりをする物。
バルブを閉めておくスプリングは、高回転化していくとジャンプやバウンス、バルブサージと言った異常動作の問題が出てくる。
特に超高回転化が進むF1エンジンでは大きな問題となり様々な素材や形状が試されてきた。
ニューマチックバルブをF1に持ち込んだのはルノーでターボ時代の1986年になる。
この頃は注目されなかったがターボ禁止後に一気に高回転化が進むと、その優位性が明らかになり1990年代前半には全てのエンジンで採用されるようになった。
今の超高回転エンジンには必須パーツと言える。
レース中、希に圧搾空気が漏れピットイン時に補給している場面も見られる。(このトラブルを想定して補給できるマシン設計、補給できる準備をしている事も大切)
※イメージ図

c0102732_16273397.gif



以上

のだそうです。とても勉強になりました。
これから市販車でも採用されてくるのでしょうか?
きっと、これだけでも相当な金額になるんでしょうね。
でも、きっといつか・・・、NRみたいに市販化されたりするかも。

平間本店へメール

ウイングイズHPへ

所在地
神奈川県川崎市中原区
上平間
1700
TEL
044-555-2222

にほんブログ村 バイクブログへ

気になる人気blog
ランキングへ

by wingis_hirama | 2008-03-11 13:18 | レース情報

MotoGP カタールGP 結果速報!!

バイク村ランキングはこちら


ハイ、ちょっと寝不足気味の方が多い?と思いますが、
寝不足な人は知っているMotoGPの結果速報です。
まずはこちら↓

c0102732_10152537.jpg


がんばったダニ・ペドロサ♪ 3位入賞です!!
怪我をしていたのに本当によくがんばった。

☆。、::。.::・゚\\ ̄(エ) ̄)♪パチパチ♪( ̄(エ) ̄//゚・::.。::、。☆

<以下抜粋>

c0102732_10551723.jpg


ポールポジションは250CCからステップアップしてきた
ロレンソ。スタートが注目されましたが、ホールショットを奪ったのは
8番手からスタートした右手を骨折中のペドロサ。
 そしてレースはスタート直後から激しいトップ争いで、
上位陣の順位がめまぐるしく変わる展開となりました。

中盤、ロッシが意地を見せてトップに出たものの、ストーナー、
ロレンソという若手の猛追を押さえられず、ついにはペドロサにも抜かれ、
4位に後退。

後半、上位3ライダーは安定した走りを見せ、ロッシとそれを追う
ドビツィオーゾとの4位争いが激しくなりました。
ロッシは抜かれたらすぐ抜きかえし4位をキープしていましたが、
 最終ラップ、ドビツィオーゾに抜かれたあと、また抜きかえしたものの、
さらに抜きかえされ、ついにドビツィオーゾが4位でフィニッシュしました。

終わってみれば、またまたストーナーの優勝。ステップアップ組や若手の台頭。
ブリジストンに履き替えたロッシ復活なるのか、それとも?
レース後のロッシの顔には笑顔はみられませんでした。
今後の展開が非常に楽しみです。

っと、終わってみればストーナーの独壇場。彼を追撃できるのは
ペドロサ?ヘイデン?はたまた新星ドヴィツィオーゾか?


アンドレア・ドヴィツィオーゾ

c0102732_10514511.jpg


生年月日:1986年3月23日
国籍:イタリア
身長:164cm
体重:56kg
血液型:A型
趣味:モトクロス、スーパーモタード

' 04年にシーズン5勝、11度の表彰台登壇というすばらしい活躍を見せ、
世界選手権125ccクラスチャンピオンを獲得。
 翌'05年は250ccクラスにステップアップし、5度の表彰台を獲得するなど
シーズンを通し安定した走りを見せ、ランキング3位を手にしている。
 '06年は16戦中11度の表彰台登壇を果たす活躍を見せランキング2位。
 '07年もシーズンを通し優勝争いを繰り広げ、2度の優勝を含む10度の
表彰台を獲得してランキング2位に。'08 年はロードレースの最高峰クラス
への挑戦を決意。'04年以来となる世界選手権タイトルの獲得を目指し、
MotoGPクラスに参戦する。

最近モタードマシンを使ったトレーニングを取り入れている選手が
多くなってきています。
 1000ccから800ccへ排気量をダウンしたといっても
210ps以上のハイパワーをコントロールする技術を習得するのに
スライドコントロールなど、より実践的な効果が期待でき、
スピード感もあるからだど言われています。

これからモタードが流行する・・・よ・か・ん♪

c0102732_1115829.jpg


そんなモタードの新型が近々発売される予定なので
ご興味ある方是非!!

平間本店へメール

ウイングイズHPへ

所在地
神奈川県川崎市中原区
上平間
1700
TEL
044-555-2222

にほんブログ村 バイクブログへ

気になる人気blog
ランキングへ

by wingis_hirama | 2008-03-10 10:51 | レース情報

MotoGPいよいよ開幕です♪

バイク村ランキングはこちら
2008/3/9現在 19位 めざせベスト10


ハイ、梅の花がチラホラと咲いてきていて、
本当に春が駆け足でやってきているのを
肌で感じている・・・今日この頃。

皆様、大変長らく?お待たせいたしました。
今年もついにシーズン到来・・・っといっても花粉じゃありません。

MotoGP 2008 開幕

<以下抜粋>
いよいよ3月9日の23:00(日本時間3月10日5:00)より
2008年のMotoGP開幕戦決勝 レースがスタートいたします。
 第1戦の舞台はカタールGPロサイル・インターナショナル・サーキット。
 グランプリ史上初のナイトレースということもあり、
 かつてないシチュエーションでのレースに注目が集まっています。
 Repsol Honda Teamは2007年同様#2ダニ・ペドロサ、
#69ニッキー・ヘイデンを擁し、王座奪還に向けて全力を尽くします。
Hondaライダーの応援、宜しくお願いいたします


c0102732_20583715.jpg

2007年、後半戦は調子を上げてきたこの方 ニッキー様♪も今年こそは・・・。



c0102732_20552785.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★きっと願いは叶うよ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

なんといっても今年はねずみ年ですから
ニッキー・ヘイデン・・・ニッキー・・・ミッキー・ヘイデン・・・なんてな。


ぶっ、部長~ m(__)m(ローカルネタですみません)

さあ、今年もMotoGPで盛り上がりましょう!!


平間本店へメール

ウイングイズHPへ

所在地
神奈川県川崎市中原区
上平間
1700
TEL
044-555-2222

にほんブログ村 バイクブログへ

気になる人気blog
ランキングへ

by wingis_hirama | 2008-03-08 20:44 | レース情報

終わってみれば・・・。

ハイ、MotoGP バレンシアGP・・・やってくれましたペドロサくん!!

以下抜粋

2007年11月4日(日)・決勝
会場:バレンシア・サーキット
天候:晴れ
気温:19℃
コースコンディション:ドライ
観客:13万2500人(3日間:23万7149人)

c0102732_20135332.jpg


最終戦バレンシアGP決勝は、4戦連続今季5回目のPPを獲得して決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、地元ファンの声援に見事に応え、今季2勝目を飾った。この日は、雲ひとつない快晴。スタンドを埋め尽くした13万人を超える大観衆は、ペドロサの快走に大歓声を送った

c0102732_2014301.jpg



ダニ・ペドロサ(MotoGP 優勝)
「今日の結果には、とても満足している。厳しいレースだった。スタートからフィニッシュまで全力を尽くした。序盤、フロントタイヤのグリップが完全ではなく厳しかったが、後半はすばらしいパフォーマンスだった。今日のケーシー(ストーナー)はとても速かったし、彼の前に出てからも緊張を緩めることができなかった。終盤、左コーナーでグリップが低下していたが、最後までプッシュすることができた。一年間、全力を尽くしてくれたチームには、心から感謝したい。バイクはもちろん、ミシュランタイヤも完ぺきだった。チャンピオンシップで2位になれたことには、正直驚いている。来年に向けて、これからのテストに全力を尽くしたい。地元のファンの期待に応えられて本当にうれしい。今回は本当に勝ちたかったし、ファンタスティックな一日になった」


とても苦労したシーズンでしたので、最終戦で優勝できたことは
感慨ひとしおだったでしょう。

ヘイデンは8位とリアサスのセッティングに悩まされていたようですが
もう気持ちは来期に向いているようで、週末からまたテスト走行など
するそうですよ。

他にもメランドリが4位、エイリアスが10位となっており、
来年も目が話せません!!

来年こそは。。。期待しましょう!!

気になる人気blog
ランキングへ

by wingis_hirama | 2007-11-05 20:18 | レース情報

MotoGP観戦バスツアー 9月23日 ツインリンクもてぎ

2007年9月23日 MotoGP観戦バスツアーに御参加頂いた
お客様より、写真データを頂きました。

まずは、250クラス

果敢に攻める #73
青山 周平 選手 

c0124754_15433415.jpg



c0124754_15435456.jpg



今回ポイントランキングでも上位を狙う #60
フリアン・シモン
125クラスからステップアップ!!

c0124754_15441513.jpg


c0124754_15443649.jpg


団子3兄弟ならぬ4兄弟でコーナーへ
やはり250ccクラスは接戦ですねぇ。

c0124754_15445932.jpg


今回は雨コンディションで思うような走りができなかったペドロサ。
しかし、まだまだ若いし、これから伸びていく素質は十分!!
来年に向けて是非発奮してほしいものです。

c0124754_15452379.jpg


同じく、今シーズンはヘイデンにとって、マシン&ライダーともに試練の年でした。
しかし、ここで学んだ事はきっと来期に生かせるはず。がんばれヘイデン!!
c0124754_1546477.jpg


そして、悪天候のもてぎで一人気を吐いた#24
トニ・エリアス 選手。 彼の名前はこれで一気にメジャーになった事でしょう。
しかし、それはこれから彼がMotoGPで活躍していくためのプロローグでしかない。
まだ戦いは始まったばかりなのだから。
c0124754_15471245.jpg


そして、日本人ライダーで、結果は残念でしたが、#56
中野 真矢 選手、玉田選手(現ヤマハ)と並んで日本人の代表として
がんばっている。多くのファンを惹きつける魅力を持った選手です。

c0124754_15473489.jpg


c0124754_1548513.jpg


写真のご提供ありがとうございました。この場をお借りして
お礼申し上げます。また機会がありましたら、写真をアップロードさせていただきます。
ありがとうございました。

by wingis_hirama | 2007-09-30 15:51 | レース情報

波乱のMotoGPを制したのは???

ハイ、高山です。MotoGPカ観戦バスツアーに御参加頂いたお客様
おつかれさまでした。あいにくのウェットコンディションでしたが
やはり、生で見るGPは迫力がありますね。

他にも、コレクションホールやホンダブースでスタンプを集めると
HRCのステッカー(数量限定)がもらえたり。

NSF100と記念撮影でぬいぐるみがもらえたり(子供限定)っと
いろいろなイベントがありました。

っが、しかし・・・そんなイベントあったのに。

雨のおかげで、ペドロサはリタイヤ、
ヘイデンもポイントはゲットしたが不本意な結果に
なってしまいました。

特にペドロサは予選で好タイムをたたき出していただけに残念です。


あっ、でも、でも、でも・・・(^。^)

思わぬといったら失礼ですが

雨など関係ないといわんばかりに、コーナーを攻めていたこの方。

c0102732_2035733.jpg


トニー君がきっちり仕事してくれまして、見事3位入賞!!
いやぁ、うれしいでしょうね。

以下抜粋
トニ・エリアス(MotoGP 3位)
「また表彰台に上がることができて本当にうれしい。アッセンでの事故後の結果としては、すばらしいものだと思う。厳しい数カ月だったが、いいプレゼントだ。初めはいいスタートを切ることができたが、その後ポジションを落とした。この時点で、失うものはないと思い、早期にピットインしてマシンを交換した。結果、戦略的にはとてもよいタイミングだった。週末の厳しいレース展開とハードなレース内容を考えると、今日はとてもよい日だった」


知らない(=。=;)という方のためにちょっとだけ・・・。

c0102732_20124076.jpg


トニー・エイリアス

誕生日 1983年3月26日 

出身地 スペイン

身長  163cm

体重 55kg

趣味 ジョギング、マウンテンバイク


c0102732_2044670.jpg


レーシングライダーであった父の影響で、
小さな頃からオートバイに慣れ親しみ、わずか9歳でレースデビューを果たす。
'99年より世界選手権に挑戦し、'01年には125ccクラスでランキング3位を獲得した。
'02年からは250ccクラスへ、そして'05年からはMotoGPクラスへ参戦。
 Hondaにカムバックした'06年は第16戦ポルトガルGPでMotoGPクラスでの初優勝
を決めた。'07年はRC212Vとともにランキング上位躍進を目指す。

今回、上位選手が転倒やコースアウトで順位を落としたとはいえ
こうした悪コンデションで、最高の走りができたことは
彼の潜在能力の高さが伺えますね!!ヘイデン、ペドロサ、トニーっと
若い選手が台頭してきていますので
今後も是非期待したいです。

by wingis_hirama | 2007-09-24 14:48 | イベント

MotoGPを楽しむ方法

MotoGPの楽しみ方・・・いろいろあるかと思います。

前日の予選結果を踏まえて、「ペドロサ調子いいねえ」っとか
「ヘイデンがんばれ!!」っとか
自分の好きな選手に思いっきり肩入れするも良し。

ホンダブースで選手のトークショーを聞くも良し。
パドックパスで緊迫したチームの様子を見るも良し・・・。

中にはこんな楽しみ方も

c0102732_1333764.jpg


c0102732_1335542.jpg


c0102732_134933.jpg


c0102732_1342634.jpg


如何でしたでしょうか?

というわけで、今日はMotoGP in ツインリンクもてぎ
日テレで14時くらいから放送される予定なので
ご興味のある方・・・是非。

by wingis_hirama | 2007-09-23 13:06 | レース情報

日本GPこんなイベントもやってます!!

いよいよ明日、MotoGP日本GPですね!!

ホンダサイトをチェックしていたらこんなイベントやっていました。

c0102732_20235848.jpg


なんでもホンダコレクションホール、ホンダブースにてスタンプカードが配られ
スタンプを押すと♪な、な、なんと。

HRCステッカーがもらえちゃうそうな・・・。もしご興味ある方トライしてみては???

by wingis_hirama | 2007-09-22 20:25 | イベント

いよいよ・・・明日日本GP!!

フリー走行の最速ラップタイムをたたき出したこの方・・・。

c0102732_13102241.jpg


ダニ・ペドロサ(MotoGP 1番手)
「1日目の結果としてはよいものだった。速いペースを保つことができた。今朝は暑かったけれど、午後になったらさらに気温が上がった。とはいってもマシンのバランスはとてもよかった。このコースは好きなコースなので、明日さらにセッティングを煮つめて、万全の体制を整えたい。明日になるとライバルたちもペースを上げてくるだろう。今日、Hondaとの契約を更新できたことを、本当に喜んでいる。このままずっとポジティブな調子で今週末を終えたい」

苦戦していた前半戦が嘘のように、マシンが熟成するたびに
順位を上げてきたペドロサ・・・。

是非この日本GPで一花咲かせて欲しいものです。

そして、去年のチャンピオン、ヘイデンも今年はマシンのセッティングに苦しみました。

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 9番手)
「午前中は比較的スムーズだったけれど、午後は問題があっていいリズムを維持できなかった。何回かミスをして、そのうちの一回はもう少しでクラッシュするところだったし、もう一回はコースアウトしそうだった。流れるような走りからはほど遠かったので、明日はその問題を解決したい。できるだけ前の方のグリッドにつきたい。路面温度が高いので、いいフィーリングとトラクションを得ることが重要だ。上位のライダーにタイム差はほとんどないから、明日の朝、もっとマシンを改良しなくてはいけない」

今年は残念な結果となっていますが、まだ若いライダーです。
来年に向けて、この日本GPでチャンピオンの意地を見せて欲しいですね。

他にも中野真矢(MotoGP 12番手)など日本人選手にも期待がかかります。
みんなで応援して、盛り上げましょう!!

by wingis_hirama | 2007-09-22 13:39 | レース情報

MotoGP第14戦ポルトガルGP

いよいよ日本GPですね!!っとその前に・・・。

2007年9月16日(日)・決勝
会場:エストリル・サーキット
天候:晴れ
気温:28℃
コースコンディション:ドライ
観客:4万1566人(3日間:7万2883人)

以下抜粋

第14戦ポルトガルGPは、総合首位のケーシー・ストーナー(ドゥカティ)、2位のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、3位のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の壮絶な戦いとなり、ロッシが優勝、ペドロサは0.175秒及ばず、2位でフィニッシュ。ストーナーが3位に終わったことで、タイトル争いは、次戦日本GPに持ち越しとなった。


ホールショットを奪ったのは、予選2番手のストーナーだった。そのストーナーに続いたのが、2列目5番手から好スタートを切ったペドロサで、オープニングラップから快調にラップを刻み、7周目にストーナーをかわしてトップに浮上した。

その後方では、ペドロサに続いてロッシがストーナーをかわして2番手に浮上。中盤以降は、この2人の激しい優勝争いとなった。息詰まる大接戦。後半になってレースの主導権を握ったペドロサだが、ラスト2周でロッシにかわされ、惜しくも2位に終わった。ペドロサは、第10戦ドイツGPで優勝して以来、4戦ぶりの表彰台。連戦となる次戦日本GPはもちろん、終盤戦でのブレイクが期待される。



c0102732_21151215.jpg




今季初のPPから決勝に挑んだニッキー・ヘイデン(Repsol Honda Team)は、オープニングラップ3番手。3周目にロッシにかわされ4番手にダウンしたが、その後、ファステストラップを更新する快走でストーナーを追撃した。後半はペースを上げられず惜しくも4位に終わったが、今季初のPP、ファステストラップをマークするなど、ヘイデンらしい速さが復活。終盤戦の巻き返しに期待が集まった。

以下、マルコ・メランドリ(Team Honda Gresini)5位。7位カルロス・チェカ(Honda LCR)。トニ・エリアス(Team Honda Gresini)8位と、トップ10に5台のHonda勢が名前を連ねた。メランドリは序盤、トップグループの中でヘイデン、ジョン・ホプキンス(スズキ)とバトルを繰り広げた。中盤以降は、ホプキンスと一騎打ちとなり、先着して5位。チェカは11番グリッドからすばらしい追い上げを見せた。右足大たい骨骨折から復帰、3戦目を迎えるエリアスも8位と健闘。予選13番手から今季ベストリザルトを狙った中野真矢(KONICA MINOLTA Honda)は、序盤、電気系のトラブルでペースを上げられず11位でフィニッシュ。Hondaエンジンを搭載するKR212Vのカーティス・ロバーツ(Team Roberts)は、マシントラブルでリタイアに終わった。


っとまあ、久しぶりの表彰台GETのペドロサなんですが
こんな事もいっています!!

c0102732_21184144.jpg



ダニ・ペドロサ(MotoGP 2位)
「今日は優勝争いのレースができてうれしい。ペースは速く、そのペースを最後までキープすることができた。いままでできなかったことなので、大きな進歩を感じた。スタートはよかった。序盤から全力でプッシュしたことで、いいリズムをつかむことができた。ストーナーを抜き、その後、ロッシにかわされたが、ロッシが全力で走っていないことが分かった。後ろに、ストーナーとヘイデンがいたので、前に出てペースを上げることにした。終盤、彼が抜いていったとき、全力で追ったが、抜くことはできなかった。勝てなかったのは悔しいが、いいレースができた。全力を尽くしてくれたすべての人に感謝したい。来週のもてぎは大好きなサーキット。ベストを尽くしたい」

試合巧者のロッシにしてやられた感があります。
でも、でもペドロサもそれを冷静に分析できている点は○
ぜひ、この経験を生かして日本GPでは優勝して欲しいものですね!!

by wingis_hirama | 2007-09-18 21:18 | レース情報